大判板材の有効利用@深井の森長屋プロジェクト

あけましておめでとうございます。昨年は本当に素晴らしいお施主さんや職人さん施工者の皆様と仕事にめぐまれました。今年もどうぞ宜しくお願いします。

写真は昨年末お施主さんに連れて行って頂いた材木屋さんの様子。多様な樹種の大判の木が沢山ストックされています。深井の森の長屋プロジェクトで大判板を大々的に使わして頂く予定です。出来る限りロスを無くし歩留まり良く施工出来、かつ魅力的な空間になるような新しい試みにトライします。賃貸長屋としては前例の無い木材の使い方。今春より工事も始まります。随時施工状況の報告などもしていきます。興味ある方は是非!

材木屋さんとお話させて頂き、アドバイス頂きながら適材適所。上の写真は外部のポーチに利用するモチノキ。材の寸法から逆に設計内容を変えていきます。

写真はヒマラヤスギ。産地や歴史など木の背景の物語をお聞きします。知らない事だらけで非常に勉強になります。迫力に圧倒されてます。。

廃材再利用@蔵リノベーション

お寺の建て替えに伴い発生した巨大な端材を再利用して階段を作る予定。1個ずつ寸法を測り配置を決めていきます。ものすごく重たいです。

蔵自体は非常にコンパクトな気積ですが、その中に通常とは異なる大きなスケールのカウンターや階段、それからアスタリスクの耐震要素といったものが入るため、よりその大きさや非日常的雰囲気感じられます。

荒壁パネルの上から漆喰仕上。

深井清水町の木造賃貸長屋のご紹介

来春から工事がスタートし、秋から年末にかけ内覧会、再来年から入居していただけるスケジュールで計画スタートしております。詳細情報をこのHP上で徐々にお知らせしていく予定です。しばらくお待ちくださいませ!

利便性の高い堺市の真ん中に新しく作られる木造長屋は、どの棟のリビングダイニングも南からの気持ちの良い日射が室内の奥深くまで降り注ぐ明るく気持ちの良い空間です。現代的な架構で高い耐震性能を保持しながらも、日々の生活を楽しくする大きな庇空間や土間など昔の長屋の良さも合わせもちます。なんといっても木材をふんだんに使った今までにない賃貸長屋です。

ご興味ある方は是非弊社までご連絡下さいませ!

高島@滋賀

木造長屋プロジェクトのお施主様と工務店の方に素晴らしい場所に連れて行って頂きました。滋賀県高島市にある島村さんのお店です。→島村葭商店

大量の古材や古建具のストックがあり、今回のプロジェクトで利用したい建具を見学させてもらいました。写真にはありませんがすごい量です。

更に解体移築建物の仮組み現場見せて頂きました。大迫力に感動。力学や構造から見ても非常に面白いです。貴重な機会頂きお施主様、工務店の方に感謝です。島村さん有り難うございます!

the Architectural Review掲載

「大和棟の新しい境界面」(A New Life Blown Into Thatched Roofs 100 Years Ago)プロジェクトがthe Architectural Review のAR new into old awards 2021で最終的にHighly commendedに選ばれました!改めてお施主様、施工業者の皆様に感謝! winnerともう一つの Highly commended もついでにご紹介。共に非常に魅力的な建物、空間です。

今年はリノベーションのお仕事のご依頼が非常に多く、また住宅のみならず複合的な新しい今までにない使い方、機能の建物ばかりで完成が非常に楽しみです。

レストランプロジェクトスタート

蔵と座敷棟の2棟をフレンチレストランにリノベーションするプロジェクトスタートしました。早速解体工事がはじまりました。蔵の外に後から座敷棟が増築されています。解体すると蔵の基礎にある石組みが出てきました。今年一杯工事を進める予定です。

NEW into OLD

「大和棟の新しい境界面」(A New Life Blown Into Thatched Roofs 100 Years Ago)プロジェクトがthe Architectural Review のAR new into old awards 2021でShortlistに選ばれました。今月末には最終結果が出ます!現地インタビューにご協力頂きありがとうございました。お施主様、施工業者の皆様に感謝!

↓こちらに結果掲載中

https://newintoold.architectural-review.com/2021-shortlist