上棟式@ならまち方杖フレーム

ならまち方杖フレーム上棟式無事終了しました。お施主さんと楽しいお話できました。構造がそのままデザインですので、ほぼ骨格は出来上がりました。後は細かい箇所を詰めていきます。ウナギの寝床がうまく生かされた建物になりました。同じような断面の連続ですが、場所により少しずつ感じが異なります。囲われた感じにも見えるし、一体的な抜け感もあり、矛盾が同居しているような感じです。

手刻み

構造材を手刻みで加工している様子。今年も色々な方にお世話になり、素晴らしい建物を多く生み出す事が出来ました。有り難うございました。来年も宜しくお願いします!

階段|暖気の取り入れ@郡山

竣工に向けて大詰めの現場。

階段室が出来てきました。階段に色々な別の機能をくっつけています。小さなお子さんが座って絵本を読むことが出来ます。と同時にお父さんの書斎も組み込まれています。

階段上部天井内にはシロッコファンを搭載。夏期南屋根面で暖められた熱気を頂部で排熱。冬期はここから暖気を取り入れる事も可能。

和紙張り耐震補強壁@郡山

新しく設置された耐震補強壁に和紙が張られました。古い材との対比が非常に美しいです。この壁は廊下側から見ると2階まで繋がっており既存建物の内側に入れ子状に配置されています。

新しい部屋に突き出す巨大な梁。

ついに足場がとれました。古い構造体の中に入れ子状に新しい構造体が内包されている様子がわかります。焼杉板で作られた部分が新しい構造体。