連続貫鳥居フレーム@壺坂山

壺坂山プロジェクト着々と工事が進んでおります。大工さんはじめ施工の皆さんのおかげで素晴らしい空間が出来上がりつつあります。

写真は耐震補強でありながら空間的にも核となる連続貫フレームの施工。築年数が古く気積が大きい為色々な要素が複雑に同時存在する既存空間にまとまりや安心感を付与する役割をになっています。いわば大黒柱、大黒壁といった所です。南の庭側に対して壁を作らず鳥居の連続により構造補強かつ景色をフレーミング。貫、鼻栓、込み栓、といった木同士の締め込みにより全体を構成しています。