大正の古建具

現場進んでます。手刻みで構造材加工。解体現場から大正時代の古い框建具持ってきてもらいました。きれいにして再利用予定。ガラスが薄くて拭くのにヒヤヒヤ。

貫壁の建方はじまりました。組み上がるとすごいしっかりしています。手で力を掛けると貫と柱がめり込もうとする力の流れが良く分ります。

土蔵リノベーション

土蔵の開口部分の解体工事がはじまりました。雨が廻り漆喰壁にヒビが入っていましたが中はかなりしっかりしています。棟札が残っており約150年前の建物。解体した土壁の土の量がすごい事に。しっかりした蔵は防火や空気環境等優れた機能を有しており、これからも大切に残していくべき建物の形式。竹小舞がきれいです。

構造補強用スギ柱搬入。

スギ厚板+ダボ@市松リノベーション

スギ厚板+ダボヒノキの耐力壁を張り始めています。隙間からいろんなモノが重なり合い、かなり迫力、奥行きのある空間となってきました。既存の欄間も市松を想起させます。

2階の下地施工の様子。この上から市松壁をはります。下の写真は既存床厚板のビス増し打ち。コレだけでかなりしっかりした床ができます。

合板市松壁下地の様子。

厚板市松壁施工の様子。

施工の方々の頑張りで素晴らしい空間になりそう、楽しみです。